ロンドン発日帰りに最適!断崖セブンシスターズに行ってきた

ロンドンの夏は本当に残念すぎるほど雨が多いし、8月末も近いというのに1度も半袖を着ることなく今年の夏は終わりそうな気配。

さらにはエッセイ締め切りまで40時間前となりそこそこ焦る心境。

そんな環境に嫌気がさしたので、現実逃避のために同級生3人でロンドンから片道2時間、南イングランドのイーストボーンにある絶景名所「セブンシスターズ」へ行ってきました。

1. イーストボーンへ

ロンドンビクトリア

絶景名所として有名なセブンシスターズは最寄街イーストボーンから入ることになります。

ロンドンからイーストボーンへはロンドンビクトリア駅 London VictoriaからSouthern Lineに乗って移動。所要時間は約1時間半とのこと。

チケットは駅窓口で当日購入の場合日帰り往復32ポンド(2017年8月現在)、事前にオンラインなどで購入すると割引チケットがかえたりします。

ちなみに今回は3人でグループ割、しかもオフピークチケット(週末)を購入したため往復1人あたりたったの20ポンドという格安料金で購入することができました。

ロンドン日帰り観光

というわけで、朝8時20分、エッセイ締め切りまで2日を切ったタイミングでロンドンビクトリア駅に集合しました。

ロンドン高速鉄道

利用した列車はこれ。最初はのんきに座っていたのですが、車掌に次の駅で切り離すから前の車両に移らないと違うところにいくよ、と教えられ慌てて車両を移動する羽目に。

というわけでロンドンから南下する際には乗る車両に気をつけるようにしましょう。今回は車掌の乗車券チェックに救われました。

2. イギリスで唯一の海水浴スポット?

イーストボーン

イーストボーン駅からメインショッピングストリートに沿って徒歩10分ほど歩くと海岸線に出ます。

イギリスで海水浴とか絶対ありえないと思っていたのですが、さすがイングランド最南端の沿岸街イーストボーン。

まるでカリブ海やイタリアかのようなとても青々とした綺麗な海がありました。しかもこの日は快晴。水温はやや冷たさそうではあったものの海水浴や日光浴を楽しむ人で賑わっていました。

天気が良ければ絶対におすすめな日帰り観光スポットですので、ロンドン滞在中の方は是非足を伸ばしてみてください。

3. ホップオンバスで目的地へ

ホップオンバス

イーストボーンの海岸線にホップオンバスの発着場があります。2階建てのオープンバスで、1度チケットを購入すれば24時間乗り放題。料金は大人10ポンド、学生・子供5ポンドです。

実はセブンシスターズまでは路線バスでもいけるのですが、本数が少なく、しかもセブンシスターズの名所間を移動するのに徒歩だけだとかなりシンドいので、このバスを利用することをお勧めします。

30分に1本の間隔で運行しており、途中様々な停留所を回りながらイーストボーンとセブンシスターズを周遊するのでとても便利。

4. セブンシスターズ散策

セブンシスターズの入り口でもある「Beachy Head」という停留所で今回は下車しました。名前の通り丘の上にあるため、イーストボーンの街並みを一望できる絶好のロケーション。

週末なだけあって多くの人がハイキングやキャンピングを楽しんでいました。海の色が本当に綺麗。

セブンシスターズ

反対側はこんな感じ。まだここからはあまり断崖絶壁を覗き込むことはできませんが、すでに雰囲気はかなり出ています。

ちなみにこの写真の中央下部分にかすかに見える建物が次の目的地。バスでもいけるのですが天気がとてもいいので崖沿いの散策路らしき場所を歩いて向かうことにしました。

セブンシスターズ

途中名所の1つでもある灯台を発見。かなり高さがあるので覗き込むのはかなり勇気がいります。まだこの高さになれてないこともあって、這いつくばりながら断崖から撮影。

イングランドの絶景

この写真だけみてイギリスと答えられる人はほとんどいないんじゃないかっていうくらい空も海も青い。

イギリスの絶景名所

ちなみに崖沿いにはこんな怖い標識がたくさん立っているんですが、なんせ柵もロープも何もないので本当にギリギリのラインを歩くことができます。

ただ道中いくつもの十字架が建てられているのをみかけたので無茶は禁物。

一生に一度は見たい絶景

本当に美しい。3人で「breathtaking!!」ってひたすらはしゃいでいました。

が、そんな元気も束の間。はっきり行ってBeachy Headから目的の次のスポットまで結構遠い。というかかなり遠い。

しかもものすごい強風にあおられながらの移動で、かつ途中まできたら車道もないので引き返すこともバスに乗ることもできません。というわけでだんだん足が重くなりながらアップダウンを繰り返して先へ進みます。

実際1時間ほど歩いたところで次のバス停を発見。ここで改めてホップオンバスにのり、次の目的地 Birling Gapに向かうことにしました。

イギリスの名所

というわけで今度はBirling Gapからの景色。

ここはまさに観光地という感じで小さな博物館やレストラン、カフェなど設備も整っていました。観光バスも止まっていたので時間が限られた観光客はここをメインに使うようです。

イーストボーン日帰り

ここは比較的崖の高さも低いため、併設された階段を使って海抜レベルまで降りることができます。

ここからの景色はまさに典型的なセブンシスターズの光景。白亜系チョークからなる海食崖が圧巻の景色を作り出しています。

崖の上側から見るのと下側から見るのではその雰囲気も随分と変わって見えます。

5. 最後に

というわけでイングランド南部にある絶景セブンシスターズを紹介しました。

ここは「死ぬまでに1度は訪れたい絶景」でもよく紹介される名所ではあるのですが、なかなか海外からの観光客にはまだまだ知られていない秘境でもあるため、真夏の週末でもほとんど混雑はありませんでした。

もちろん日本人らしき人とは一人もすれ違わず。

ですがロンドンから片道2時間程度で訪れられるので、ロンドンの大都会の雰囲気に疲れてきたら少し足を伸ばして大自然の力を感じに行ってみてはいかがでしょうか。

断崖上からの景色はBeachy Headから徒歩で進んでいる間が最高、下から見るなら間違いなくBirling Gapからです。それなりの距離をあるく必要はありますが、体力が大丈夫な人は是非徒歩での移動がおすすめです!

、、、にしてもエッセイ放置で旅行行き、さらにブログまで書いてて大丈夫なんだろうか?

賢い海外旅行に必須!



旅行中に一番困るのがお金のやり取り。

外貨両替をするとかなり高額な手数料を取られ、さらにはレートも悪い。でも現金0というわけにはいかない。

そんな時に便利なのがキャッシュパスポート

日本でキャッシュパスポートのアカウントに入金したものをそのまま海外のATMで引き出すことができたり、さらにVISA/Masterブランドが付いているのでデビットカードとして買い物に使用することもできます。

しかもクレジットカードや普通の銀行発行デビットカードと違って為替手数料がとてもお得でポイントまでたまるので海外旅行好きな方には必須アイテムです!

気に入ったらシェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA